先日のアワコネクトで振る舞った猪肉は施設始まって以来の極上メス(脂の乗りが分厚い)でしたが、使わなかった部分を精肉して冷凍庫へ入れました。
冷凍庫を開くたび、そのイノシシ肉の脂身と赤身の厚さに目が惹かれます。
現在、注文待ちの極上肉ですが(すでに予約も入っています)、良い料理人さんに使っていただき、多くのお客さんへ届くといいなと思います。
これぞ解体・精肉の醍醐味です。

極上の注文待ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP