今日はキョンのメス。9.1キロ。子育て中だったようで、まだお乳が出ました。
館山にはシカやキョンはまだまだ少ないですが、最近徐々に増えて来ている印象。夏場はやっぱりキョンやシカなどの草食動物が美味しくなる季節のようです。

面白いのは館山ではキョンが多いエリアは街と街に挟まれた山に集中しています。

いすみ市でもキョンは街中に多いと聞いたことがあるので、もしかしたら動物園で飼われてた名残りがDNAに刻まれてるから?人里に出てしまうのかもしれません。ちなみに、キョンを食肉にする際の放射能検査は搬入された最初の一頭のみ。

つまり、館山市ではジビエセンターで最初の一頭を検査したので、以降のキョンはしなくても大丈夫です。全頭検査はイノシシのみ。飲食店の方にもキョン含む中型獣は人気なのですぐ無くなってしまいますが、もともと食べるために捕ってない方が多いので、どうやって価値を高めて行くかが課題です。

キョンの搬入と分布考察

キョンの搬入と分布考察」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP