イノシシによる被害を減らす為、イノシシを捕獲して止め刺しを行います。イノシシを農地へ立ち入らせない柵も有効ですが、増え続けているイノシシを減らす為には地道な捕獲です。イノシシの生息は房総半島南部にて拡大が続いています。イノシシ被害が出ていない半島北部も、生息に適合した地域は今後が懸念されます。

TGCでは、有害鳥獣として捕獲されたイノシシを食肉へと処理します。オープンした12月以前までは、脂のよく乗った大型の個体であっても、そのまま野山に埋められる事が多かったようです。館山の自然豊かな里山育ちのイノシシ肉をご自分で堪能される方ももちろんおられます。解体したイノシシ肉を販売するのには食肉販売免許が必要ですが、解体して食べる事は誰も咎めません! 続く

当センターの沖も施設ができる以前は民家の軒先で解体していました^^;
有害鳥獣とは ④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP