イノシシ1年の生活史において、オスは発情するために、メスは子供を産むために、身体の構造を変化させます。妊婦の身体変化と同じく、妊娠イノシシの骨盤も徐々に広がり、内臓を圧迫しつつ子宮が大きくなる様です。子宮が収まる部分は定まっていないようで、胃側に伸びていたり、背側で腸を圧迫していたりとハマる場所にハマる様です。人間と違い自由ですね!

オスは他のオスと戦うために、背中を硬く鎧のようにする必要があります。中途半端な変化では生死にも関わる上に、小さく弱いオスには繁殖の機会は訪れません。

解体をする事で、イノシシの解剖学的・生理学的・生化学的の変化の知見を得る日々です!

イノシシ知見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP