本日の搬入はオス38kg、オス86kgの2頭でした。オスは背中の毛が抜けだして短髪刈りのようでした。そして泥もたっぷりとまとっていました。86kgは令和4年度一の巨体ですが、この先これから、これ以上の超ヘビー級の捕獲もあると思われます。

個体差により精肉の量がまちまちなジビエ肉、27kgの小型であった場合〜可食部は僅か2kg‼︎という事もあります。内臓を抜き、皮を剥ぎ、骨と分け、捕獲時の損傷部分等を削ぎ、放射能検査分1kgを抜き……結果食肉用総量2kg。この個体の場合はペットフード用に約6kgが取れましたので、破棄となったのは乾いた脂質や筋の部分のみでしたが…体重27kgの1割未満が過食部分。そうでない場合も勿論あります!

ある、27kg個体の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP